政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

北朝鮮 「日本のすべてのものがこっぱみじんになりうる」

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

しょっぼい北朝鮮が脅迫してますが、なんか気迫を感じないですよねw
しかし、朝鮮校の補助金は全力で貰いに来るというダブルスタンダードw
でも、日本が木っ端みじんになるってことは、総連や民団も木端微塵になるんですよね。
こんな基地外が隣にいるんだから、安倍総理に国防を強化してもらうしかないです!
ならば、敵基地攻撃能力を持たねばなりません。

つまり、日本が手を出さなくても日本を攻撃するってことですよね・・・
どんだけ、トンデモ論なんですかね。

日本の意思とか関係なく米国に戦争の決定権はあるんですから・・・
日本に言ってもしょうがないですよ。

しかし、いい加減飽きて、ウンザリするようになりました。
やるならやるで、さっさと、やって欲しいです。
というか、後退していないですかね?、吼える内容が・・・
金正恩びびったんですかね?
日本の事をどうこう言う前に、約束通りグアムに落とすのが先でしょ?

日本は標的ではないと言ったり
日本も巻き込まれると言ったり
ホント、何がしたいのやら・・・

北朝鮮がアメリカに喧嘩売ったんですから、アメリカから殴り返されるだけの話です。
日本は関係ないし、知ったこっちゃないです。
朝鮮半島で戦争の火が着けばって・・・先ず朝鮮半島で戦争が起きるって事なんですけど、意味わかって言っているんですかね。

戦争したくない、ということですかね。
今更。あれだけ煽っておいて言うことじゃないですよ。
虎の尾を踏んだ事に気づくのが遅すぎましたね。

北朝鮮は、そんなに日本を巻き込みたいのですかね?
在日米軍基地を攻撃すれば自動的に日本は参戦ですよ。
戦争になったら日本側に被害があろうと徹底的にやる以外なくなります。
まぁ、ある意味日本を解き放ってくれるきっかけになるのですがねw

で、今こそ、韓国という国の存在意義が問われる時ですね。
「韓国は日米を守る防波堤なんだから大事に扱え」という人がいます。
「朝鮮半島で開戦すれば、日本だって戦火に巻き込まれるぞ!」という人がいます。
防波堤ということは、それが決壊しないかぎり、陸地に波は来ません。
陸地に波が来た時には、既に防波堤は決壊済みで跡形もなくなってるって事です。
つまり、日本が戦火に巻き込まれる時には、韓国は既に焦土と化しているって事になります。
「韓国が本当に防波堤なら、日本が戦火に巻き込まれる前に、韓国は焦土になっていないといけない」
韓国は、これを理解しておかなければなりません。でないと、防波堤ヅラをする資格はないですからね。
「我々韓国人は、日本人を守るために戦います」
これぐらいは言っとかないと・・・防波堤扱いしてもらいたいなら・・・

在日朝鮮の人達は、本国のコメントを看過し続けていたら、日本国内で居場所無くなりますよ。
アメリカ日系二世は、先の大戦で日本人移民収容所から志願兵になって米国に忠誠を誓ってます。
自衛隊に入れとはいいません。せめて本国の大将は支持しません位の声明を総連を通じて出して欲しい。

少し話がずれますが、ニコ生の党首討論で、ネットユーザーから日本共産党への質問
「北朝鮮問題について公約で『対話による平和的解決』をうたっていますが、北朝鮮とどう話し合いをするのですか」
志位委員長まともに答えられなかったですよねw

北朝鮮は弱いと思われる日本を突こうとしてますが、日本人は逆切れ玉砕民族ですw
一番最初にヘタレるのは同胞の韓国人ですよ。
すでに9億円貢ごうとしていますしね。
日本人としては、第二次世界大戦で灰塵となっても、GDP世界2位くらいまで復興するのは不可能じゃないって事を知ってるんで全然怖くないですよ?って考えてます。

日本をビビらせて、戦争を回避させようと必死ですね。
でも、知らんがなとしか言えません。
北朝鮮は、さっさと考えをかえてアメリカと対話するべきです。

戦争なんだから被害ゼロはありえないですよ。
まあそうなれば北朝鮮は間違いなく終わりますがね。
後は在日さんの行動次第では、彼らも日本人に総攻撃食らうと思いますけどね。

大体、一頃日本の左翼が
「安倍総理がトランプ大統領を説得しろ、北朝鮮からミサイルが飛んでくるぞ!」って言ってましたけど、
そもそも
アメリカ自身も標的だ、って金正恩が言ってるんですから、
アメリカ自身の安保問題でもあるんですよね。
そんなもの、安倍総理がどうこう言った所で、アメリカ自身に身の危険が迫れば
そりゃ自分の身を守る為に日本の意思とは関係なく、手を打つでしょう。

関連記事 - Related Posts -

Comment

  1. 純日本人 より:

    南朝鮮の真似しているだけ。

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2017 All Rights Reserved.