政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

「戦争が近づいている」ネラー米司令官が警告

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

>「韓半島に嵐雲(storm clouds)が集まっている」と述べている。
>彼は「準備している強力な軍隊が後押ししてこそ、外交を通じて戦争を防ぐことができる」、
>「私たちの外交官たちが確信と信念を持って話をするためには、
>皆が進む準備ができていなければならない」と強調した。
さすが、マティス国防長官。
アメリカって、こういう英傑がアメリカを高めますが、
クズなアメリカ人がアメリカに泥を塗ります。

まあない方がおかしい、戦争か、北朝鮮を核保有国を認めるか、暗黙です。
でも北をそのままにしてしまうと反米国家はみんな北朝鮮を見習うでしょうし、
北朝鮮に助けを請うでしょう、核拡散は確実、核ミサイルを持てばアメリカは黙ります。
こうなれば世界の覇権はアメリカではないです。

21世紀の覇権争いが始まります。
場合によっては第三次世界大戦、核戦争がどこかであるかもしれません。
人類滅亡が近くなります。
朝鮮が焼ける程度で終わるなら、簡単なことです、
もともとは朝鮮内戦の話です。

まあ、世界大戦の前兆ではありますね。
だからこそ日本は自らを守る鎧と
生存するための剣を持たなければ!
……と、言う事でF35が今ならお買い得!
そしてなな何と! F35プレミアムが!

温暖化もあるし、なるべく無駄に火を焚かないようにしないといけません。
ただ米軍の選択の上位に金正恩の捕獲ってのがあるが、あれだけ取っ捕まえても
「北朝鮮という構造」が首をすげ替えるだけって分析もありますね。

経済制裁は効いてるけど、中国に加えロシアの瀬渡しも暴露されました。
彼等にとっては、あそこは使い勝手のよい衝立てですからね。
相応の対価(逆に このままでは不利益をもたらす)を得ない限り現状変更には応じないでしょう。

WGIPと「平和」憲法のおかげで日本人は、
思考停止してるうちに、まわりが汚物国ばかりになりました。
平成30年が少しでも明るい年になりますように・・・

米国がアジアの平和の為に行動している内は、
米国にも正義があると思いますが、
米国がアジアの平和を放棄したときは、
何故、日本を攻撃して中国を放置したのかと米国を恨まざるを得ないです。
そういう後悔をしないためにも、
日本は今よりもはるかに強くならなければなりません。

アメリカだってリスクは負いたいくないでしょうし、
北朝鮮なんぞ潰しても何の利権も手に入らないから戦争したくはないでしょう。
でも、朝鮮人がまともになる可能性はほぼゼロだから遅かれ早かれ戦争は起きるでしょう。

それが後になるほど被害がでかくなります。
でも世界の大半の人間は朝鮮人の修正なんて知りませんから、
どんどん先延ばしになって被害がでかくなるんでしょうね。
北朝鮮問題なんてもっと早く限定空爆でもしていれば、
にカタついてた話なんですよね。

また、朝鮮戦争休戦協定破棄宣言は
2013年5月に北朝鮮側がとっくにしています。
なので、いつ朝鮮戦争が再開しても、
おかしくない状況ではあるんですよね。

今回は海兵隊が言ってますからねぇ、
あそこ陸海空備えた強襲仕様ですし、
議会も事後承諾で大統領令一つですぐ動かせますから、
現実味があります。

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.