政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

気をつけよう!甘い言葉と北朝鮮!

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

ちと長文になりますのでご容赦を。

この記事をご覧頂いてる皆さんはお気づきだと思いますが、
対話中は核実験、ミサイル発射をしないといってるだけで
核開発を止めるとは言ってないですよね?
弾頭とミサイルの実験は過去何回もやっているので、今更
凍結したところで北朝鮮には何もマイナスにならないって
事なのでしょう。

その証拠に、北朝鮮北西部・寧辺(ニョンビョン)の核施設
を稼働させており、観測筋はプルトニウムの生産を再開し
た可能性を伝えています。核実験とミサイル発射はしないの
でしょうが、水面下で進められる開発研究は今現在も行われ
ていると考えた方が良いでしょう。

それと、
「軍事的な脅威が解消されて北朝鮮の体制の安全が保障されるならば」
とありますが、これって北朝鮮から見てってところが肝心な
んですよね。
真に受けてしまうと、北朝鮮の罠にはまってしまいます。
北朝鮮は「まだ、脅威を感じる!」って、言い続ける事で
現状維持できて、アメリカは手が出せなくなります。
そして北朝鮮は核開発を続ける大義名分、口実を得ます。

一部の新聞では、「核開発の凍結表明」と言った見出しがあ
りますが完全に北朝鮮に踊らされているますね。
トランプ大統領は、歓迎と今後の動向見守るメッセージを出
してますが、私は安倍総理が言う「コミット」がなければ一
切信用できないと考えてます。

あと、この核問題は金正恩の祖父、金日成の時代から続いている
問題です。あの時も核放棄と言いながら、放棄しませんでした。
では、金正恩の父、金正日はどうでしょうか?枠組み合意をして
6カ国協議を経て核放棄を宣言し、各国からの人道支援を得ながら
秘密裏に核開発を続け、最終的にはIAEA職員の追放を行っています。
で、金正恩は父となる金正日の遺訓
「北朝鮮の体制維持のために、核開発を継続せよ」
を忠実に守って、現在に至る訳です。

三代に渡って、続けてきた計画が簡単に覆る訳がありません。
しかも、北朝鮮は韓国を通じて、今回の表明をしています。
これもトリックがあって、いざとなったら韓国が勝手に言った事
にできます。
「自分達には、最初からそんな意志はない、韓国の早とちりだ!」
で、済ます事もできる訳です。
ちなみに、その際のクレームは全て韓国が引き受ける事になります。

では、北朝鮮が本気で核放棄を表明している事を前提に考えると
して、それをどのように検証して、どのように確実な履行を監視
するのか・・・皆さん、どう思われますか?

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.