政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

【朗報】南鳥島近海に大量のレアアースを発見!

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

レアアースって、携帯電話やハイブリッド車、
電気自動車、風力発電機、発光ダイオード(LED)の蛍光材料など、
多くの先端技術に使用される原料なのです。
そして、レアアース最大埋蔵国は中国で、
一時関係が悪くなった時は、レアアースの輸出を止められる
なんて事がありました。
まぁ、魔改造が得意な当時の日本人は、レアアースの代替物を
発明して、それで対応し凌いでいましたがw

今回の発見は、中国に対しての外交カードになるでしょう。
今まで、ほぼ中国から輸入するしかなかった物が、
自国で賄う事ができるようになるかもしれないのです。
同時、中国に代わって日本が第三国へレアアースを輸出する事で
中国の立ち位置を一段下げる事ができる可能性があります。

中国が中東並みの原油産出国なら、
今回の発見はそれほど影響はなかったでしょうが、
そうではないので中国はかなり警戒するでしょうね。
これで、中国に対する外交戦略が大きく変わる事に
なるきっかけになるでしょう。

変に中国の機嫌を気にしなくても良くなる事は、
それはそれで日本にとっては朗報であります。
中国はレアアースを盾に日本を脅せなくなりますからね。

ただ、今回発見した資源を奪取するために、
中国が南鳥島は古来中国の領土だったなんて、
言うかもしれませんねw

しかし、今回見つかったレアアースの量は膨大なので、
レアではなくなってしまいますね、併せて中国のレアアースの
価格が大幅に下落します。

今まで、日本の周辺の海に資源が見つかったというニュースは
たくさんありますけど、商業採掘が始まったというニュースは
さっぱり聞かないんですよね。
それだけに、今回発見した鉱床は事業化、産業化を急いで欲しいです。

日本は世界トップクラスの資源大国です。
尖閣諸島近海の海底資源だけでも
1000兆円超える資源があると言われてます。
竹島近海や北方領土近海の海底資源もあると
分かってるだけで日本領内には
1京円を超える海底資源があると言われてます。

故に中国に狙われる可能性が大です。
もっとも、採算性で二の足踏んでていつまで経っても
技術開発も急がず採掘できなければ、より中国に狙われる
事でしょう。
そーいう意味での日本の産業力は弱いです。

そもそも中国は、鄧小平が「レアアースを我が国の戦略資源にしなさい」と
指令を出したので、指令を守るために採算度外視で安く売り市場での占有率
を高めていただけです。
掘削すると環境問題が起きるので普通の国ではその分価格が高くなりますけど
中国はそれも度外視でやったので環境汚染が広がっているのです。

世界情勢に左右される資源は平和な時はコストが合わなくても
有事なればコストも合うし、資源の輸出は戦略に使えますから
採掘技術や資源の埋蔵位置、埋蔵量は常に把握・掌握が重要です。

まぁ、採掘コストがかかりすぎなのと
問題はそれを精製するのが大変って事なんで、
いざという時の代替えって立ち位置は
多分変わらないと思いますよ。
中国に精製はやらせておくのが一番楽で効率が良いんで
中国が難癖つけて高価になってきたら使うか考える物って
事で良いかもしれません。

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.