政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

北朝鮮の非核化「リビア方式」で…ボルトン米補佐官が主張

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

リビアなんて連想させたら良くないです。
自分も結局やられるのかと思ってしまうでしょう?
非核化云々より、一番問題なのは朝鮮人の賑やかし体質なんですけどね。
ボルトンは北朝鮮から見たら恐怖の大魔王でしょうねw
北朝鮮は絶対リビア方式を受け入れられないでしょう。
金正恩はリビア方式を受け入れたからカダフィは殺されたと思ってます。
アメリカの方式を受け入れると、今まで国内に喧伝して来た将軍様のイメージが全て崩壊します。
アメリカは大日本帝国にやった方法と同じやり方で北朝鮮を追い詰めてるのです。
座して死ぬか、戦って死ぬかの二択しかありませんw

とりあえず
「トランプ大統領は向こう3ヶ月の行動計画を提案」
との事ですw

リビア方式って事は、
じゃあ最後は○○かもしれませんね。
これまでがこれまでですからね。
側近も含めると三桁いくかもしれません。

米朝首脳会談は北の破滅に向けた
シナリオの一部と言うことが出来ます。
リビアのカダフィ同様、核放棄させた後に
滅ぼすという作戦なのでしょう。

北朝鮮の核は強力で、もしこれが都心に
落ちたとすると中心部の最大温度は
1億度にまで達します。

爆心地から2.5㎞圏内は、「あ、光ったな」と
思った瞬間に人も建物も全てのものが蒸発します。
爆心地から15㎞圏内は8割の人が亡くなります。
爆心地から50㎞圏内は、1000度の熱風が
秒速1㎞のスピードで届きます。
この圏内はすぐに治療しないと1ヶ月以内に
亡くなる人が相当数でてきます。

こんな強力な核を北朝鮮は最低でも60発は持ってると言われてます。
これがアメリカが戦争に踏み切りたくても出来ない最大の理由です。
(北朝鮮からアメリカに核攻撃可能かは見解が分かれるが、
少なくとも日韓には確実に出来てしまう。
相手が一発ずつ撃ってくるなら迎撃可能ですが、
同時発射されると容易ではありません。)

そこでアメリカの採った作戦は、外交によって北の核攻撃能力を
最大限に無力化させてから攻撃しようというものです。
そんなことせずとも先制攻撃して、核関連施設を潰せばいいじゃないかと
思うかもしれません。しかし移動式発射台や潜水艦からの攻撃があるから、
奇襲によって全ての攻撃を予防することは困難なのです。

そして先制すれば向こうは必ず核で反撃してきます。
そうすると数百万から1000万人以上の死者が出てしまいます。
この戦争はただ勝つだけでは駄目で、100対0で勝たないといけない戦争なのです。
もし1点でも失点を許すと、その1点は核による攻撃だから相当数の死者が出てしまいます。
核1発でミサイル1万発以上の価値があります。

被害を最小限に抑えるという達成困難に思えるミッションを
可能にするための作戦が今起こってる外交攻勢なのです。
米朝首脳会談はただ核を無力化するだけではなく、
金正恩の居場所を正確にとらえるなど、様々な狙いがあると見られています。
全ては来たるXデーに向けた動きの一環と見ておくのが無難でしょう。

具体的な開戦の時期についてだが、アメリカの中間選挙が10月にある関係で
その前に行って支持率を上げるのではないかという説があります。
しかしそんなことをせずとも、米朝首脳会談の成功だけでも十分支持率は上がります。
ということは開戦はもっと先で、北がある程度核を放棄した段階になると思われます。
ズバリ来年の4~5月かもしれません。
この時期は米韓合同軍事演習がある関係で奇襲攻撃が行いやすいのです。

シンガポールでの交渉を拒否したのも、金正男の暗殺の場所に近く、
自らの暗殺への恐怖を拭い去れないからでしょうねぇ。
これはホントに夜中に戦争おっぱじまる可能性も否定できないです。

リビア方式は、独裁政権崩壊させますが
内乱で国は混沌となります。
アラブの春で平和になった国と、混沌とした国の比率って
どうなってるのでしょう?

金正恩は守りに入ったら、即死亡確定です。
今は相撃ち覚悟で持っているミサイルにできるだけ核を積んで
ぶっ放す以外に選択肢がないのです。しかし今の金正恩は保身の
塊でどうやったら生き延びる事ができるかで必死になっていますw
もう遅いんですよ。
金正恩処刑は欧米で決定しています。

いずれにしても具体的に金正男を軸とした改革開放路線への転換が
軟着陸のシナリオで考えられていたところへ、 あの暗殺と核開発の
加速で、軟着陸自体が困難になってきた可能性があります。
というか、そういうシナリオに転換した可能性があるのです。

今後の展開はいかに・・・

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.