政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

【北朝鮮情勢】トランプ大統領、在韓米軍の縮小検討を指示/米紙報道

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

今のところ、いろいろ言い合っている状態なんで、
今後どうなるかなんて誰にもわからないでしょう。
トランプ大統領は北朝鮮の核やミサイルで
東アジアの政治力学を学んだと思いましたが、
未だ勉強不足かもしれませんね。
まぁ、でも在韓米軍の存在意義なんて、
トラップワイヤーとしての役割だけですもんねぇ。

少し話は逸れますが中国艦船が、日本の尖閣周辺で
海上自衛隊のヘリや護衛艦に対して射撃レーダーを
照射して「ロックオン」状態でミサイル攻撃する一歩
前の敵対行動をとってきましたけど枝野とか民主党
政権は 日中関係に配慮して隠蔽してたよ。
(ちなみに安倍政権は即座に公表)

規模縮小との事ですが、在韓米軍は空軍だけにして、
もっばら航空支援にとどめる方向で決まっているん
でしょうね。

在韓米軍の縮小は、実際のところアメリカも韓国も
北朝鮮も中国も望んでいる事ですからね。
でも、韓国は少し変わってきていて、韓国政府の命
令で動く在韓米軍を目指しています。
しかも、費用は米国もちですw
これが極東米軍のリバランスで日本に来ると、日本
費用持ちで韓国(半島全体)が命令する在日米軍にな
るのですw
朝日・毎日・共同の論説も極東安保としての日本の
意義とかになると、最終はそこを目指しています。

世界経済の四分の一を占める米国経済。世界軍事規
模の四割近くを占める米軍。
つまりは軍事産業に過剰依存していて、リストラす
るなら極東の防衛ラインをさげるしかないという話。
イスラエルは守るしかないですからね。
黙ってても専守防衛の下駄をはかせてもらえ続ける
と思ってる左翼はいい加減気がついてほしいです。

半分皮肉ですが、これは米韓北それぞれにウイン
・ウィン・ウィンでしょう。
正直、日本も 中国、北朝鮮、ロシアが まともにな
ればアメリカに感謝して 一旦、ポチ状態から抜けて
トルコみたいに 多少異端だが NATOに入れて貰えば
いいと思います。

今後は、日本が対中国の最前線となります。
アメリカの為に死ぬ覚悟を決めないといけません。
朝鮮戦争は実質的なWW3の水子。まだ完全に流れた
わけじゃないですけど、WW2戦勝国の仲間割れですよ。
日本はGHQのもと日本国憲法=国連至上主義で再建を
めざしましたけど、朝鮮戦争勃発で自衛隊設立、日米
安保と歪んだ憲法になってしまいました。
国連≠米国になってる今、国連改革含めて日本の座る席
がなくなるかもしれません。

また、朝鮮は中国に食わせるべきです。
毒饅頭としては使えます。
味方に付ければ獅子身中の虫以下で全く頼りにはなら
ないですが、敵に回すと結構厄介な国なのは間違いな
いです。

ちなみに、米朝首脳会談は北朝鮮の破滅に向けた
シナリオの一部と言うことが出来ます。
リビアのカダフィにしたのと同様、核放棄させた
後に滅ぼすという作戦なのでしょう。

米軍撤退されて困るのは韓国です。
「縮小」だから撤退ではなく、韓国との取引材料の
可能性が高いです。何故韓国は米朝会談の板門店
開催を渋るのでしょうかねw

また、朝鮮戦争の時も米軍が撤退した後の弱体化
した南朝鮮に金日成が攻め込んでソウルは陥落し
たんですよね。やはり歴史は繰り返されるのでしょ
うか?
これだけは言えます。
前回と違うのは北朝鮮が韓国に攻め込んでも、
誰も韓国に支援の手をさしのべる者はいないとい
う点ですねw
まぁ、本来あるべき姿に戻ると言えばいいんで
しょうかね?w

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.