【舛添要一】東京で五輪をやろうというんですから、中国や韓国との関係がギクシャクしたままでいいはずない

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

韓国なんて東京の招致を妨害してるのですけど?
また、ほとぼり冷めた頃かなーと思って言い訳始めてますね。 あと、反日政策してる国と友好は無理です。

しかし、やっぱり舛添氏は黙ってはいられないようです。お呼びの局があればコメンテーター復活もあるかもしれませんね。
・・・が、中国や韓国からケンカ売ってきてんのにどうしようもないでしょ?同じ町内に住んでるんだから、ギクシャクしたままでいいはずがないって、ミカジメ料取りに来るヤクザと仲良くするのですかね。そりゃ指定金額の10倍払えば仲良くはしてくれるでしょうが。

反日国家に媚びる外交をしたのが、舛添氏の敗因でしょう。国民は反日国家との付き合い、ましてや譲歩など望んでいません。と言うか、外交は都知事の仕事じゃないです。

まあ、贅沢については業績次第で目をつむってもらえます。石原都知事なんかは、新銀行で失敗しても排ガスや尖閣で圧倒的な支持を得ていました。そう考えると、舛添氏を追い落としたのは、やっぱり韓国学校なんでしょう。時代の風を読み違えましたね。いまだにレンタルビデオ屋行くと、韓流コーナーがドーン!とあるから、皆さん勘違いしがちなんですけどね。

戦後、70年以上も経つのに過去史の蒸し返しである事に気付いて欲しいです。舛添氏は都知事の器ではありません。特定アジアは、前政権の否定で現政権の正当性を示すのが習い癖です。日本も前政権(為政者)に含まれています。特定アジア三国は、現政権が崩壊して、過去史を否定しなくなった時から付き合いが出来る国になります。

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ