中核派「共謀罪で一層暴力革命の必要性が増した」

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

効いてるw効いてるw 
これ以上に似合う言葉ないですねw

はい、逮捕! もはや犯行声明ですねw
どうせ捕まるならその前に派手にやるってことなのでしょうか?
しかし、まだ4700人もいるのは驚きですね。

この人らは、自ら法律の必要性を実証していくスタイルですね。
こんな人らが国内に居るから、テロ等準備罪は必要と政府は訴えるべきでしたね。
有事にでもなったら、どういう行動に出るか想像すると理解しやすいです。

中核派は相変わらず変わらないですね。
こういう人らは共謀罪があろうが無かろうが、やる時はやるんだろ分かってますよ。
中核派が暴力革命で権力握っても、違う勢力が暴力革命おこすだけでしょう。
まぁ、派閥内の暴力改革ですら失敗してますから、革命なんて無理ですよ。
朝日や毎日や東京新聞さんは彼らの意気込みを報じてあげればいいのにw

マスコミがテロリストを擁護するのは内部に関係者が大量にいるからなんですよね。
朝日新聞や日経の共産党員は100人単位です。
こんなテロリストを擁護してるのが、いまのマスコミと野党です。
騙されてる国民はいい加減気づかなければなりません。

今となっては、中核派の平均年齢はクソ高く、体もヨレヨレで警察庁の特殊部隊に勝てる気配すら感じないです。
前進社はもう何を計画しても直ぐにガサ入れされますから、実質的に潰されてます。口だけ左翼です。
共謀罪で一網打尽にされるか、監視されて生かされて公安の飯の種になるか、もはやどちらか1択しかありません。
強がり言ってもガチで政府が潰しに来るのビビっているから、一時期頻発してたロケット弾発射とかやらなくなってますよね。
今以上に弱体化するのが怖くて、行動起こせませんって認めた方がいいのではないでしょうか。

広告


新左翼が共産党と袂を分かったのが、暴力革命路線を放棄するか否かなので、ここで暴力を放棄するとこれまでやってきた60年間の存在意義を否定することになります。
なので、今更やめる事も出来ないジレンマにハマっているとも言えるでしょう。

番組を見ましたけど、この人らは一体誰と戦っているのかよく分からなかったです。
暴力革命が成功したところで一般市民からの共感を得ることが出来ず結局は、自分たちの思想を押し付け暴力によって他人を抑圧するんでしょう。
仮に暴力革命を肯定するような人らが権力を手中に収めたら、その後異を唱える者と平和的に話し合いができるのでしょうか?
現代日本という民主主義下においてのみ存在することが許されるアブノーマルな世界って感じですかね。
青木理とかいうジャーリストも気持ちが悪かったです。大丈夫ですかね、この人。

若い人らには、よく見ておいて欲しいですね。
これが平和だ人権だと言いながら、平気で人を殺したりもするコアな左翼なのですから。
でも、犯罪さえ起こさなければ、こういう人らも存続できます。日本って寛容な社会なんですよね。

昔だと大学入る頃に親が「変なサークル入って中核派だの核マルだのに関わったらダメ」みたいな事言ってたかも知れんが、今だと親の世代が70年代安保とか知りませんからね・・・
高校までにアカく染まって、大学入ってそういう道まっしぐらな親の代から筋金入り以外だと、大学デビューに失敗してどこにも行き場がなくてたどりついた子、って感じですよね。SEALDsとかそんな感じですよねw

本人達が言ってるから「やってやれ」ばいいと思います。。
どうせ安田講堂みたいに逮捕されるときには「すいませんすいません」か「弁護士を呼べ、法に従った処遇を要求する」とか、泣き言ほざくんですから。

実はこういう人らって左とか右とか関係ないんですよね。
単にバカで謙虚さのかけらもなくて、他人の権利も尊重しながら、社会に適応して共存していこうっていう気持ちが微塵もない人らなのです。
そういうのが若い時分にたまたま社会革命思想に触れて、それを自己肯定の道具に使ってるだけです。
そんな人らが社会を変革しようなんて言っても当然、建設的なことは何もできないし、言ってることも自己中心、独りよがりなことばかりなので、当たり前だけど誰も耳を傾けません。

普通なら、社会経験積んで少しずつ変えられるところから、良くしていこうとか考えると思うんですけど、そういう謙虚さがなくて、努力する気もさらさらないので、自分が言うことに耳を傾けない、認めない世の中が悪いと逆上して、こんな世の中ぶっ壊して、皆ぶっころして、自分に都合のよい世界を作ろうってやってるだけです。
要は精神的な引きこもりなんですよね。

こういう人らが究極的に繰り広げるのは、自分との些細な違いに反応して、延々と他人への攻撃を繰り返すことだけです。
典型的なのが浅間山荘事件のような殺しあいです。

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ