安倍首相「獣医学部新設を全国的に認める」

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

玉木議員プギャー!でしょうかね?w
しかし、安倍首相強いですよね。
たしかにこれでいいと思ういます。
見事に文部科学省の権益とっちまいましたねw

既得権守るために加計学園潰そうとしてたら、全国に広がってしまったとw
1校の参入を反対してたら、逆にめちゃくちゃ参入する事になり皮肉ですよね。
玉木議員、献金もらって、このオチとか無能の害悪にもほどがありますよ。
結局、民進党に利用されただけの獣医師会って所ですねw

獣医師が足りないのは本当ですからね。
安倍首相におかれては、獣医師会や玉木の妨害にも負けず頑張って欲しいです。
しかし、既得権守ろうと事実無根で、安倍首相を攻撃したんだから、そりゃ反撃されますよ。

文科省と獣医師会と玉木議員は惨敗。
やらかしすぎてマジギレされて、利権台無しで笑えますねw

しかしこれで医学部新設も抵抗勢力の反対理由がなくなりましたね。
全国どこでも医学部新設OKです。
そう考えると、加計騒ぎの影響は底知れないのかも知れないです。
文科省使って獣医学部新設をぶっ潰そうとしたら、認可に透明性をもって認めるという最悪の藪蛇を呼び込んだ獣医師会は笑えますw

実は文部科学省では前川喜平事務次官が利権のために、獣医学部新設に反対していました。
これまで私大を優遇して天下り先を確保してきたので、ズブズブの関係を終わらせたくない。
天下り先がなくなると自分の責任になるからです。

広告


まさに文科省&民進(獣医師利権)にとって藪蛇ですね。

献金で加計をつぶしまくろうとした玉木議員は、これどうするのでしょう?
透明性をもって開設を決めたら、獣医師会の絶対認めないなんて、圧力団体のたわごとなんて吹き飛んでしまうでしょう。

四国に作っても無駄って言われてます。獣医学部新設するより産業獣医師の待遇改善が先って声もあります。
地域活性化のために獣医学部が必要と言っていることは知られている事です。
この協力者会議の話でもあったように、地元に獣医系大学を作ったからと言って学生が地元に残るということはあり得ない。
地域がそれだけの受皿を作らないと公務員獣医師としては働かないことは明確です。
地元に大学がなくても、処遇改善されていれば公務員獣医師の成り手が来ることは、もう既に明らかになっています。
そういう努力を続けていくべきです。
自治体で畜産業や公衆衛生に関わる獣医師が不足しているのは事実です。
まずは、自治体獣医師の賃金、処遇等の待遇改善が第一です。
賃金は事務職員とほぼ同一で、出世しても、せいぜい課長止まり。定年まで、事務職にこき使われる。
この待遇では、人は来ないですよねぇ・・・
自治体獣医師が不足しているので獣医学部を新設という論法は間違いなのかもしれません。

動物愛護側から言うと獣医師が増えるのは大賛成です。
でも、それと一緒に保護施設を増やして仕事のない獣医師を常駐させたいですよね。
海外の施設なんか見ると本当にすごいですよ。
犬猫だけじゃなく色んな動物を保護して、面倒見てくれる施設がほしいです。

今はこんな状態でしょうね

獣医師会:獣医学部新設を認めざるをえなくなる
文科省:無能っぷりが全国に知れわたり安倍首相にも逆らえなくなる
玉木:最悪、全ての責任を押しつけられる可能性があり、次の選挙もヤバい
高井:どの面下げて地元に帰ってくるのか、比例だが選挙は厳しいと思われる 

ちなみに、少し整理すると、今治での獣医学部設置は、まだ決まっていないです。
決まるのは8月で、最終決定者は文科省審議会です。
最近、今治市議会は積極姿勢から慎重姿勢に変わってきてます。
もし文科省の審議会で不認可になっても今治市は困らないようです。
不認可になったら加計への補助金は払わなくて済むから、今治市は実害は無い。
首相が忖度していたら、こんな事にはならないですよねぇw

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ