東京新聞の記者、望月衣塑子氏、緊急市民集会に参加する

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

やっぱり東京新聞は活動家の集まりだったんですね。
朝日新聞がやたらこの記者を持ち上げていたんですよね。
官房長官追い詰めた質問力とか言ってw
でも、記者が政治的に中立じゃないっていいのでしょうか?
極左団体の広報のためにメディアが使われてるのが、現状です。
報道にはかなりバイアスがかかってるということですね。

左翼活動家がいるような新聞社では偏った記事になるのは仕方が無いですね。
しかし、東京新聞は中立性ゼロですか?!
ある意味凄いです。
まあマスコミには、期待はしてないですがね・・・

昔から空気読めなくて周りの人達に迷惑ばかりかけてきた人ですよね。
尻拭いさせられてきた人達に謝ったらどうでしょう?

官僚政治の打破なんて本来は左翼がやるべきことなのに、安倍首相叩きのためなら既得権益側にベッタリとかホント気持ち悪い人達ですね。
記事は記者を褒めてるかの内容に見えますが、この記事書いた記者、内容に裏を含んで書いてますねw
読者のリテラシーを信じてます、って奴ですかね。

> ド真ん中ストレートを投げてきました
ストレートなだけでストライクは全然取れてないんじゃないですか?
だから同じ質問を繰り返す事になっているとしか思えません。

この記者、口調が敵意丸出しですね。
蓮舫議員とか福島議員とか辻元議員とか、同じ類ですね。
実に殺伐としていて不快になります。

広告


正直、この人のためにも東京新聞は解雇した方が良いのではないでしょうか?
望月氏は新聞記者なんてやりたくないでしょうし。
本当は社会活動家をやりたいのでしょう。
いくら左翼新聞でも、ここまでスタンドプレーが好きなら、退職勧告を出すべきですよ。
いくらなんでも、組織としての示しがつかないでしょう?
こういうのを無制限に認めると、東京新聞が芸能事務所になりますw

言論の自由の兼ね合いもあって難しいと思うけど、情報伝える側が東京新聞のようになるのはダメだと思います。
記者が権力監視を自負するのは分かりますが、反権力とも一線を画さないと記者が政治活動してるように見られますよ。
新聞が信頼失ってしまった大きな要因です。

政権批判のためなら籠池ファミリーや、沖縄の過激派左翼集団の言うことも全て鵜呑みにして、全面的に支持してるような人ですからね。
左翼の集会に出る方が本業なんでしょう。
そしてそれを許す東京新聞は、どうかしています。

加計の件、あの全体構図は、獣医師業界と官僚の癒着で既得権益・岩盤規制を守りたい文科省による官邸へのクーデターだったんですよ。
行政を捻じ曲げてきたのは文科省側で、それを官邸に政治主導で突破されちゃ困るから、文科省はあのような文書を創作して官邸のネガキャンを始めました。
そして安倍首相憎しのマスコミや野党がそれに呼応したわけです。

事実、文科省は既存の獣医業界と癒着し何十年も新規の獣医学部創設を1校も認めてきませんでした。
獣医学部空白地の四国は「四国に獣医学部を!」と何年も求めていながらです。
これこそ地域のニーズに全く応えてこなかった文科省による行政の歪みではないでしょうか。

まぁ個人の思想・信条について云々言うつもりはないですが・・・
自分が記事を書くのじゃなくて、自分が記事になってしまってるじゃないですかw
ジャーナリストの公平、中立って何ですか?

過去のツイート見るとこの記者、もう2chで暴れてる左翼そのものじゃないですか。
東京新聞・望月氏のような左翼が日本ではリベラルに括られる不思議。
日本のリベラルの定義は世界的に見ても実に異様です。
こういうちょっと「異常な人」って、「私は有能」と自分で自分を勘違いしてるし、周囲からも無責任にもてはやされてますますおかしくなってゆくんですよね。
行き着く先は豊田議員みたいなモンスターです。

ど真ん中ストレート投げれているうちに考えた方が良いです。
自分の立ち位置を。
今、東尋坊の崖の上にたってる様な物なんですから。

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ