トランプ大統領、北朝鮮との戦争辞さぬ構え 「大勢が死ぬ」

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

アメリカもチャーハン作り始めましたねw
アメリカならやっぱBBQで例えなきゃだめですかね。
北がアメリカに攻撃されたら、なぜか韓国と日本がボロクソにって展開が来そうですね。
同盟国ってなんでしたっけ。
中国も本性隠さなくなって来てますね。
習近平もここで引いたら体制維持出来ないだろうし、どうなるのでしょうか。

そうなると日本が最前線の基地になるのでしょうか?
ぁ、最前線は韓国でしたっけ・・・
しかも、どっちの大将も口だけとは、たまりませんね。
まぁ、ホンマに開戦したら、世界大戦になりますしね。
・・・が、中国とロシアが、そこまで将軍様マンセーしてくれるのですかね?

と言うか、難民がロシア中国韓国にとどまってくれてればいいと思います。
それと、韓国は、いつまでたっても他人事なんですね。

アメリカにとっては、軍事的には可能ですけどね。
自衛的先制攻撃で数百万人殺すのは戦争犯罪とみなされるかもしれません。

報道で見えて来ないのはアメリカ国民の声ですよねぇ。
政府の方針なんて政権支持率に左右されるのに、一般国民や軍人の声を取材するメディアが無いですよね。

今の政権の状況で外征なんてやれるのでしょうか?
まあ、こんな有様だからこそ、戦争して誤魔化すという考え方も有りだとは思いますが。
トランプ関連のニュースは、フェイクニュースが多すぎて全く信用できないです。
トランプ自身がTwitterで表明したら、初めて信用できます。

過去の例を見ると、アメリカが戦争を始めるときは金儲けが動機なんですよね。

広告


で、北朝鮮には、それがないんですよねぇ・・・
正直、韓国で何が起きても痛くも痒くもないです。
それより北朝鮮を壊滅させ、日本に被害を及ぼさないことが先決です。
アメリカも同じ考えだと信じたいですね。

北朝鮮が今の所、核実験を強行しないのはアメリカとの間で何らかの取り決めが発効しているからでしょう。
さらにアメリカと中国の間では、アメリカが本格的な制裁あるいは軍事攻撃を行う前に、中国による北朝鮮への核ミサイル開発阻止の努力を見極めるための “ 猶予期間 “ が設けられているようでした。
北朝鮮はこの猶予期間の間に、核ミサイル開発を少しでも進展させていたと見て取れます。
しかし 27日の北朝鮮の天候は悪くそのために発射が延期になり、北朝鮮のロケット発射技術は悪天候に左右される可能性があります。
しかし、アメリカが最も恐れるのは、核兵器のテロ拡散であってアメリカ直接攻撃ではないのです。
この点は、ひるおびなどのインチキTVに騙されてはいけません。

ではアメリカと中国での “ 猶予期間 “ が終了したらどうなるのでしょうか。
中国や北朝鮮派の連中は、アメリカが北朝鮮に攻撃を仕掛ければ韓国が火の海になるから、米国は核兵器恫喝の北朝鮮に屈するとしているが、しかしながら人間集団には、核で恫喝する人類の敵には、自己の利益を顧みずに人類社会に貢献し一矢報いたいという性癖があるように思える。
北朝鮮の独裁政府司令部や核兵器開発拠点は、アメリカの空爆に対抗するため地下深くに存在しています。
このためアメリカの空爆第一撃は、地中貫通核爆弾が使用されるでしょう。
それにより北朝鮮の一般民間人の被害はそれに相応します。

アメリカはフセインもビンラディンもちゃんと約束通りやっちゃってますしね。
その点、口だけの金正恩とは違うんですよね・・・

まぁ、アメリカは昔からそんなもんですしね。
日本に原爆落として、戦争を終わらせる為だとか犠牲者をあれ以上出さない為だとか言ってるんですから、北にも攻撃して長い目で見た被害よりは、最小限に落とす為に今すぐ叩き潰せばいいと思います。

・・・が、現状手遅れですね。
北朝鮮が核実験やったクリントン政権の時に叩いとけば良かったのですよ。
あの頃は中国もまだ子供ですし、ソ連崩壊でロシアも混乱の中でした。
一個軍団も送れば余裕で勝てました。
そのくらい武器の性能差がありましたが、今はもう軍事侵攻は無理です。
北朝鮮は変わらないですが、バックには力をつけた中国とロシアがつきましたからね。

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ