防衛大臣に小野寺五典氏が内定 伝説の第2次安倍内閣・初期メンバー

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

手堅くて良いのではないでしょうか。
私としては、ヒゲの佐藤議員になって欲しかったです。
でも、佐藤議員はなまりが強すぎて聞き取りにくいですから、答弁のイメージが重視される今は向かないかもしれませんね。
小野寺さんで適任だと思いますけど、パソナ絡みのケチが付いてましたよね。
また野党が難癖付けてくるんでしょうね。
まぁ、妥当な人選というより、選択肢はこの人しかいないって事ですね。

防衛大臣は自衛隊にそこまで影響力無くて板挟みになるめんどくさい役職なイメージしかりません。
タフな小野寺議員の事ですから、野党の難癖にも耐えてくれる事でしょう。
小野寺議員は、普通大臣が回らないような所もしっかり回っていましたしね。

あとは文部科学大臣を小泉進次郎にして、国会答弁させればジジババ主婦はイチコロで加計問題は解決ですね。

しかし、マティスと実務能力で通じ合える防衛大臣じゃないといけませんよね。
できれば、幕僚長で退官したプロパーから抜擢して欲しかったです。

穿った見方をすると、有事になったら防衛大臣ほど安全安心な地位はないでしょうね。
平時には美辞麗句を並べて愛国心の世界にウットリと浸っていればいいのですし。
軍事費が足りなくても負担するのは国民ですしね。
帽子に徹すれば背広組と制服組が仕事してくれます。

そもそも軍歴がない人を大臣にするなとも言いたいですね。
そういう意味でも日本の防衛省はタブーなんでしょうね。
まぁ、率直に網タイツの婆さんに敬礼しなくて良いと言うことだけでもよしとしましょう。

左翼が小野寺議員に難癖つけまくりで笑えました。

広告


正面から議論すればいいだけなのに・・・
小野寺議員は敵基地攻撃能力保有論者ですからね。

小野寺議員は有事の時にどんな判断できるのでしょう?
この人は基本的な軍事教育を受けてない素人でしょう?
お涙頂戴の愛国たっぷり小野寺節なんて有事になったら役に立たないとの声もありますが、全面戦争を回避する形で国土を守れとか、有事を政治的にどういう形にするか判断するのが政治家の仕事です。
終わり方を政治家が示さないと、現場は全力で戦力を投射します。

トップが前線に出てはいけないとの声もありますが、ラムズフェルドはイラクやクェートに出向いてますけどね。
指揮判断を仰ぎたくても、軍事や軍隊が分かってない素人では、意思決定や責任所在が曖昧になっていくばかりでしょう。

今回の報告をした、受けてないの日報問題なんてまさにそれです。
稲田は自分でどうするか決める判断ができなくて、部下に「どうすればいい?」なんて尋ねてしまう始末です。

政治が現場部隊の作戦指揮運用したのなら、政治家マターでマスコミに作戦を説明しますわね。
ラムズフェルドが指揮運用をしたなんて話は聞いた事も無いです。

というか、現場視察なら小野寺議員だって、海外派遣先などに大臣現職時に行ってます。
そこで特殊作戦群に警護されてマスコミに撮影禁止の通達が出たという有名な話もあります。

護衛艦乗りの知人によれば、小野寺議員は近年の防衛大臣の中では、自衛隊の受けが1番良かったらしいです。
しかし、小野寺さんの安定感半端ないですよね。
稲田さんが答弁するときのハッスルタイムがなくなってしまうから野党は困りそうですねw
そもそも、野党に小野寺と渡り合える論客いないですからね。
野党は頭を抱えてる事でしょう。

ホントはずっと安定した初期メンバーでやっていたくても、図体が大きい与党の待機組の圧力で毎回不安要素が出てくる宿命なのです。
今回は、先走った石破以外、野田聖子も含めて全部取り込む人事ですね。
石破が原点回帰して、あの小沢と組むと嗤うんですが・・・
石破、小沢、山本はゆかいな仲間達ですね。

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ