【北朝鮮】「次の標的はグアム」 さらなるミサイル発射を予告

広告

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

いやーブログ更新サボっていたら、また北朝鮮がやらかしていたんですね~w
普段からTVを見ないので、ブログ主がミサイル発射を知ったのは夕方5時でしたw
西に撃つと中国領、南だと韓国領、北だとロシア領でうるさいので、日本方面でしかも領土内に落下しない射線で撃ったんでしょうね。
知った後で調べてみたところ、周辺海域に結構漁船がいたようですが、大丈夫なのでしょうか?
破片が漁船にあたって沈没なんて洒落になりませんからね。
しかし、海上に落下した後、12分後に総理自ら記者会見とは、これほど頼もしい総理は過去いなかったのではないでしょうか。

なんでも、いつもは自宅にいる時間だったらしいですが、昨日は公邸に泊まっていたようです。
多分、アメリカから情報を貰って、今回の発射を知っていたんでしょう。
まさしく、緊密な連携が成せる業でしょう。

国連での制裁決議後の発射で、今後益々自らの首を絞めるような行いです。
なんでアメリカは手をこまねいてるのでしょうか。
今回の発射も日本ではなくて、アメリカに向けたメッセージでしょ。
どこまで好きにさせる気なんですかね。
今北朝鮮の体制を潰しておかないと、ミサイル搭載可能な核弾頭多数保有することになり、躊躇なく潰すこと実行しないと今以上に面倒なことになるってわかってるはずなんですけどね。

しかし、ミサイルのエンジンはウクライナ製のようですが、どれだけ在庫が余っているんですかね。
ただ単に買っているだけなら、経済制裁で抑え込む事もできるでしょうけど、複製して北朝鮮内で製造できるとしたら、厄介この上ない事になります。
前者である事を祈るばかりです。

日本に向けてだから舐めて撃って来ますけど、グアムに向かって撃つなんて口だけで絶対やらないと言うかやれないですよ。

広告


どうせまた次もこっちに向かって撃ってくる事でしょう。
金正恩も撃つだけでは何も変わらないって事に気付いて欲しいです。

「太平洋における軍事作戦の第1歩であり、グアム封じ込めに向けた有意義な序章」
と、発表されたみたいですが、なんかマンションポエムで笑えますねw

アメリカも日本も韓国も徹底的に無視していれば良いと思うんですけどね。
報道も一切しないでです。
で、ホントにどっかにミサイル当ててしまったら、あの国はおしまいなわけですしね。
まぁ、その時は戦争ってより、完全なテロ国家として総攻撃喰らう訳ですからね。

金正恩を叩くにしても、放置にしても、最終的には近いうちに核落としそうな雰囲気がしますね。
ほぼ同じ国の韓国には落とさないですよね?
風向き的にも北朝鮮まで汚染されるでしょ?
で、アメリカ本土までは届かないし照準も怪しいです。
となるとグアムか日本ですよね?
追い詰められたら普通に東京とかに落としてきそう、しかもそう遠くない未来に・・・
今自分が出来る事って言ったら、すぐ出かけられるスーツケースの準備とパスポートの更新くらいですw

即日、朝鮮総連の前で抗議活動を行った「行動する保守運動」代表・日本第一党党首の桜井誠は凄いですね。
政治家は子供達の生命の安全を守ってやれない今の日本をどう考えているんでしょうか。
こんな情けない国に愛国心など持てるはずがないでしょう。
大東亜戦争中は空襲警報が鳴れば、逃げ込める防空壕がありました。
防空頭巾ってのもありました。
今はJアラートが鳴っても、飛び込める穴すらないです。
頭隠して尻隠さずみたいな姿勢で身を守れるわけがないです。
あの戦時中は子供達を勇気づける大人がいました。
当時の子供達にも覚悟がありましたが、今の子供達は何も知らされていないです。
いったい子供達の恐怖を考えたことがあるのでしょうか?
左翼メディア、左翼活動家、左翼教師は北朝鮮に向かって批難したことがあるのでしょうか?
特に官房長官記者会見で有名な東京新聞の記者に、この点を聞いてみたいです。

近所のチンピラが家から近くの道路や空き地に迫撃砲やライフルを撃ち込んでいます。
彼は麻薬や凶器を作って、周りに売っている無法者です。
武器をちらつかせつつ、もっと強力な武器もあると脅しながら理不尽な要求を周りにしています・・・
普通の社会にそんな奴いたら逮捕、収監ですよね。
国際社会はノンビリ過ぎです。

今後、日本を通過して飛ばすミサイル発射は増えるでしょう。
そのたびに日本人の北朝鮮への反感、ストレスは高まります。
鎮静化させようと、左翼が在日があれこれやっても、全く意味がないです。
事を矮小化したり、話をすり替えてアメリカや安倍総理への批判に持って行こうとしても、逆に批判されるだけです。
反戦平和、反核平和を叫んできた団体や左翼人が北朝鮮の軍事挑発には極めて寛容な姿勢というのが、国民の不信を増幅させますからね。

関連記事

コメントはお気軽にどうぞ