政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

【米朝首脳会談】何と言うか、曖昧と言うか、核心的な部分には触れていない合意。中間選挙に向けて焦ってない?

 

↓↓↓↓まずはポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
↑↑↑↑まずはポチッとお願いします。

会見をライブで見ていましたが、合意文書にCVIDが含まれていませんよね。
これが、違和感と言うか、何と言うか残念としか言いようがありません。
非核化には同意したけど、検証可能な非核化には同意していないと北朝鮮が、ごねる可能性が大と感じます。
過去も合意しては、難癖をつけて合意を反故にしてきた国です。
アメリカが何回も騙されてきた姿を見てきた日本人にしてみたら、形だけ合意したとしか思えません。

あと、内容が包括的すぎて、CVIDもそうですがポイントをおさえた合意文になっていません。
北朝鮮が何とでも言える抜け穴が多い文書としか言いようがありません。
拉致問題についても、どこまで踏み込んだか不透明で実質ゼロ回答としか見えません。
北朝鮮の「解決済み」をひっくり返してくれていれば良いのですが、昨晩の安倍総理の記者会見では詳細については伏せられてます。
昨晩の電話での日米首脳会談は、事後の調整と言われてます。
・・・と言う事はですよ?事前の計画、目論見通りに事が動かなかったと言える訳です。

まぁ、非核化するまでは経済制裁を緩和しないとの事なので、これを拉致問題が解決するまでは圧力を経済するとアメリカが同調してくれている事を願うばかりです。
下手に経済制裁を緩和して、拉致問題だけノラリクラリで、最後はうやむやにされてはたまりません。

しかし、本当に合意文書は骨抜きな内容で落胆しました。
書名したことのみが唯一の評価だったと言えなくはないですが、時間がなかったと言い訳が立つのは今回のみです。
7月に2回目の会談をされるのでしょうが、結果を出さなければ幾ら言葉を重ねようと世界から無能の烙印が押される事となります。
安易な妥協ならば会談など必要はないです、当初の意気込みを堅持するべきです。
非核化を達成するまでは経済制裁継続、軍事的圧力を継続すべきです。
この点、トランプ大統領は米韓軍事演習の凍結を言ってますが、単純に演習にかかるコストをカットもできると論点をずらしています。
やはり、トランプ大統領が前のめりになって、中間選挙での得票率を気にしている姿が露わになった瞬間でした。

そもそも論で行くと、北朝鮮はアメリカと交渉したがっていました。
これは、過去から一貫した姿勢です。
ただ、アメリカが「テロリストとは交渉しない」と言う方針に固持していたからです。
ですので、今回の日米首脳会談は、ある意味北朝鮮に利するところがあったのは事実です。
いわば、北朝鮮の核のカードにアメリカが屈したとも言えます。アメリカ側から見れば、比核化交渉の場に北朝鮮を引き出す事に成功したと見れます。
これで、骨抜きでない合意文書だったら、拉致問題の進展も期待できたのですが、実質ゼロ回答ですからねぇ。
トランプ大統領、中間選挙で焦りすぎです。

合意文にCVIDの文言が入ってませんから、今後揉めると思いますよ。
北朝鮮とっては、相当都合の良い文書になってますからね。
過去と同じように北朝鮮が合意破棄して、元の木阿弥にならない事を願うばかりです。

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.