スポンサーリンク

アジアには「アジア開発銀行」があり、中国もお金を借りていますよね?
中国のような独裁国家に国際的な機関を運用する能力はない!

朝日新聞が「日本が孤立」と書いたのは中国からお金をもらって書いた記事と見ています。それにしても、アジアにはアジア開発銀行があるのに、中国がアジアインフラ投資銀行を設立したがる理由は何なんでしょうね? 中国は「アジア開発銀行」からお金を借りたままになっていませんか? 記事は「zakzak」からです。

中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の参加申請期限となる31日、安倍晋三首相は「焦って参加する必要はない」と述べ、参加表明を見送る方針を明らかにした。英独仏など欧州各国やロシア、オーストラリア、韓国を含む40カ国以上が参加を表明、慎重姿勢の日本と米国が孤立しているとの報道もあるが、実は困っているのは中国の方だ。日米不在のままでは資金調達に重大な欠陥を抱えたままのスタートとなり、中国が巨額損害を被る可能性があるというのだ。 (zakzak) http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150401/frn1504010830001-n1.htm

日本主導のアジア開発銀行(ADB)には67ヶ国も参加してますが!

アジア にすでに既存のアジア開発銀行(ADB)があります。そこに参加しているのは貸し手の株主を含めて67カ国。中国が主体となっているアジアインフラ投資銀行(AIIB)は48カ国。援助を受けるアジアの諸国にとっては、資金が借りられる銀行は、アジア開発銀行であろうとアジアインフラ投資銀行であろうと関係ありません。どちらかを選択というものではありませんから、「借りる側」はどちらにも参加するのは当然です。そもそも「貸す側の日本」が、「法治国家ではなく党治国家でしかない中国共産党の支配下に入るアジアインフラ投資銀行」に参加する必要性がありません。

 

 「zakzak」 の記事にあるように、日米という資金大国が参加しないアジアインフラ投資銀行こそ「信用がない」状態が現時点なんですね。それじゃ困るのが中国であり、中国が日本の反日メディアに金を使って書かせたのが「日米孤立論」なんだと思いますよ。

 

でも、国際連合には193カ国が加盟している中で、日本は単独で「世界で2番目の基金拠出国」なんですが、中国にしろ韓国にしろ朝日新聞にしろ、「日本はお金を出しすぎている」という批判はしてません。日本は本来は、5大常任理事国以下の分担金でよいはずなのに、「拠出金2位」が突出だとか孤立とか非難されたことはありません。あえて言えば、193カ国の中で反日教育をやっている中国、韓国、北朝鮮の3カ国こそ「世界から孤立」していませんか?

 

過去にも インチキ慰安婦問題で、「日本は世界から孤立」と日本の反日マスコミが捏造記事をばらまきました。その時、「その世界ってどこの国ですか?」と問われて、「中国、韓国、北朝鮮」の3カ国しかないことがバレました。最近は「日本は東北アジアから孤立」というおかしな言い回しが使われれ失笑を買っています。結局は、日本の反日マスコミの視点は、「中国、韓国、北朝鮮視点」でしかないようです。

朝日新聞 は自分の足を食べるタコですね。こういう「新聞社の看板をかぶった中国、韓国、北朝鮮視点の宣伝屋」は日本に不要です。朝日新聞関係者は恥を知るべきです。

スポンサーリンク
おすすめの記事