政治・時事な話題を取り扱ってます。

朝日新聞の検索回避、その後・・・

 

虎ノ門ニュースが追撃を続けてますが、世間では沈静化の方向に向かっているってところでしょうか?

で、ちと気になったので、過去の訂正記事についてメタタグがどうなっているか調べてみました。
・・・で、結果なのですが、2018年8月24日以降の訂正記事のみ検索回避のメタタグが埋め込まれており、それより前の訂正記事については検索回避のメタタグが入っていない事がわかりました。

24日以降のメタタグ無しは、アリバイ作りのためなんでしょうね。社内確認のため、メタタグを入れていたってのが無理筋な言い訳です。少なくとも外部からアクセス可能なWebページで校正、チェックを行うなんてあり得ません。24日を境にメタタグが入ってる入ってないが明確に分かれてます。これは明らかに朝日新聞の怠慢、隠蔽と言える事柄でしょう。

そもそもですよ?朝日新聞デジタル日本語版のページで英語版の訂正記事を公開しても、海外の人は気づきませんよ。それでいて、クローラーにページを拾われないようにするって事は、訂正記事を公開していない行為に等しい行いです。

朝日新聞は、読者に謝罪するのではなく、日本国民に謝罪する必要がありませんか?

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.