政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

【PTA】「もうPTAやめたい」一人の母親の声がヒントに どれもが耳が痛い話 負担軽減よりも“目的と意味”から改革したある学校

 

↓↓↓↓まずはポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
↑↑↑↑まずはポチッとお願いします。

昔、P連から発行された単位PTAに対する運営指南書的な本に以下のような文面があります。

役員の具備すべき責任と資格
1.自分の事を投げ出しても社会の為に奉仕出来る人
2.PTAを通して他の目的を達成しようという意図を持たぬ人
3.一般大衆と共に民主的に活動出来る人
4.自分の考えだけでなく他人の意見をも考慮出来る人

まだまだありますが省略します。
現実、今の役員にこれらが該当する人はほとんど居ないと思われるがいかがでしょうか。
つまりは、他者に対してズルイだの思う人は役員には向かないという事でもあります。
ちなみに、なるべく他の組織や団体の役についてない人、
つまりPTA役員としての活動に専従出来る人という意味の条件も後に出て来ます。

タイムリーですが、今や北朝鮮でさえ変わろうとしているのに、
未だに悪しき習慣を変えたがらない役員がいるPTAがあるのは、
PTAに深く関わってきた人には実に恥ずかしい情けない思いがあるのではないでしょうか。
中には地域によってはP連の方から健全化を求めているところもあるし、
P連幹部からもそうした声が上がっているところもあるのは喜ばしい事ですが、
P連がまともになろうとしても単位PTA自体が歪んでしまっていてそれで良しとしている場合は、
もはや地域に住む人らの考え方の特殊性に起因する可能性もあり、
未来に向けたPTAからは取り残されていくかも知れないですね。

スリム化と目的をきちんとは分かります。
でも自由参加にするとほぼ誰も来ないですしね。
デメリットは時間の拘束です。
メリットは学校親子供の間の距離が縮まる事ですかねぇ。
幼稚園児でもないから段々と先生や子供の友達。その親の顔や
性格なんか分からなくなってくるから、役員するとそれが少し
減るのでそこは良いと思います。
元々コミュ力あって子供になんの心配も要らない親子だと・・・
不必要かもしれません。
登下校見守りとか校内チェックなどはPTA関係なく参加すべきですけど・・・
半強制くらいかけないと来ないもんなのが困るとこですよね。

進んでやってくれる人は、やってくれるのだから、別に良いでしょう。
「誰でも子供が小学生6年間のうち、一回は必ずPTA役員を
引き受けるべきで、やらない人は非協力的の非国民、
みんな同じなのにズルい、卑怯者」とか、下らない正義を
振りかざすのはくだらないと思いませんか?
そんなに皆でやりたくなくて押し付け合うだけなら、PTAなんて
やめちゃえば良いだけなのに、わざわざ親同士でギスギスさせようとしてます。

卒業式や運動会などのイベントのときの「来賓の受付」
が大きな仕事なんてところもあったりします。
でも、そんな「来賓」、子供にとっては全然不要なのです。
校長だか教頭だかが、都道府県の教育委員会にゴマする
ために教育委員会から人を招くとか、アホかと・・・
国会議員も市会議員も市長の代理も不要です。
「オトナの都合」で招待する「来賓」なんて、
子供には全く不要なのです。
でも、そんなのに受付としてPTAが駆り出されます。
これでは、馬鹿みたいじゃないですか。

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.