政治・時事な話題を取り扱ってます。

「知は力なり」日本と、中国・韓国の歴史を今一度整理しておきましょう!

 

まずはポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

今日は、『正論』に発表された筑波大学大学院教授の古田博司先生の論文を読んでみたいと思います。私たちは、韓国人や中国人の「歴史捏造」にはうんざりしているわけですが、今の時代、いかに「正論」であろうとも、それが正しく伝わらない限り、「一つの見解」にしか過ぎません。韓国や中国が、恥ずかしげもなく「捏造歴史」を世界に発信し続けているのを「どうせうそだからいつかばれる」と笑って放置しているわけにはいかないのです。残念なことに、日本国内においても、在日韓国人や左翼によっても、「日本が悪い」という「自虐史観」が拡散されています。私たちは、感情的になるのではなく、「史実」に基づいて反論していくしか方法はありません。以下の論文が、私たちの「力」になると思います。少し長いですがお付き合いお願いいたします。

≪日本軍と戦わない屈折が反日に≫
 中国の野蛮と韓国の野蛮が世界を騒がせている。彼らは日本人が面子(めんつ)をけがしたと言っているが、彼らはウソをつくことを恥と思わない。ウソや虚構が後戻りできないほど否定されたときに初めて恥を感じ、元の面子を取り返そうと怒りだし躍起になるのである。

≪韓国の近代史に対日戦なし≫
近代史上、韓国は日本軍と戦ったことがない。韓国が主張する戦いは1920年の青山里戦闘1回きりで、敵は朝鮮人匪賊だった。当時の満州には、このようなアウトサイダーがあちこちにいた。対日戦争を独立戦争として戦ったのは北朝鮮の故金日成国家主席と仲間たちだけだ。青山里の戦闘で勝ったというウソを定着させようと韓国は骨を折ってきたが、戦場に残ったのは日本軍であった。敗けた方が戦場に残る道理はない。
韓国が英雄として誇るのは、あとは爆弾魔のテロリストだけだ。有能な人材は全て日本の近代化に参画したから、放浪者しか残らない。その放浪者の爆弾テロリストを英雄に仕立てなければならないのは、今の韓国の悲哀である。
長く英国支配に抗してきたアイルランドでは、このような卑劣を正義とは見なさない。ダブリンにある旧英総督府は、1916年の「イースター(復活祭)蜂起」の記念館になっているが、掲げられている英雄たちはみな蜂起の指導者で処刑された者たちである。

≪中共軍は延安に敗走しただけ≫
中国人で日本軍に正面戦を挑んだのは、国民党軍であり、共産党軍ではない。中国研究者たちは1990年代後半から、戦いを主導したのは共産党だという恥ずべきウソに加担したが、今では正常心に戻っている。中国にいた日本軍を勝者として武装解除したのは、国民党軍であり、満州の方を武装解除したのは旧ソ連軍である。共産党軍は日本軍の武器をソ連軍から供与され、この火力で戦後、国民党軍を台湾にたたき出した。
共産党軍が主張する戦いは、40年の百団大戦ぐらいのものだ。国共合作で国民党の援助を受けながら大敗し、その後、執拗(しつよう)な日本軍の追撃を受け、党内でも批判された。中共の主力部隊が延安の山に逃げたことを、彼らは「長征」というが、征服した地はない。「長遯(ちょうとん)」がふさわしいだろう。
満州にいた中共軍は44年までに、日本軍によって全滅した。第二軍の一司令官だった金日成氏は40年頃、国境を越えソ連領に逃れている。
日本が敗戦したのは国民党の中華民国であって、共産党の中華人民共和国ではない。私は東京裁判自体は正しいものだとは思わないが、戦勝国として戦犯たちに臨んだことは、台湾住民に勝利の記憶を残したことであろう。この記憶が、台湾人の心をすっきりさせている。だから、彼らは反日である必要性を持たない。今日に至るまで親日だ。日本軍と正面切って戦わなかった者たちが、今も反日なだけなのである。
韓国は日韓併合は強制であり、不当だと言った。だが、当時の李朝の国庫は空であり、どうしようもなくなった王が日本の提案に妥協し5人の大臣に丸投げしたという史料が、3カ所から出てきてしまった。国権強奪はなかった。
土地収奪はソウル大の経済史教授が否定した。日本時代は、韓国に年率3・7%の経済成長をもたらし、民法典を与え所有権を確定した。確定した側が所有権を無視し、土地を奪うはずがない。朝鮮で取れたコメは経済原理に則(のっと)って日本に輸出されたのだと、教授は主張した。台湾の植民地統治は成功だったが、朝鮮のは失敗だったという、日本の左派学者たちの韓国の反日擁護の構図は崩れた。

≪自らの正義の記憶ない悲哀≫
日本の植民地統治は成功し、朝鮮を近代化させた。米ハーバード大教授がさもなければ、どうして戦後韓国の企業家が順調に育つことができただろうか、と疑問を投げかけて、日本時代の民族資本家たちの活躍を本に描いた。この本は今も、韓国では禁書である。
日本軍と戦わなかった者たちは自らの正義の記憶がない。中国は南京事件を捏造(ねつぞう)する日本の市民派新聞に飛びつき、韓国は従軍慰安婦のウソに搦(から)め捕られた。日本の左派知識人やマスコミは結局、彼らの卑劣さを助長したのである。
南京事件の被害者数は年々増加する。戦闘1週間で30万人も殺せたならば、戦争はすぐに終わってしまうだろう。中国軍はそれほど惰弱だったのだと侮蔑することもできる。だが、戦ったのは共産党軍ではない。国民党軍だった。
歴史共同研究で話し合えば共通認識が得られると思い込んでいる人々がいる。だが、事実を明らかにする資料を示すと彼らは怒る。その時に初めて恥を感じ、面子を取り戻そうとするからである。日本側はウソ自体を恥じる。だから研究して会議に臨む。「恥と面子の平行線」である。第二期日韓歴史共同研究委員会では、日本側が韓国の歴史教科書の元ネタが日本であることを実証した。その時、韓国側が「こんなこと、韓国の学界に知れたら大事になるぞ」と叫んだ。面子ゆえに、彼らはいつも戦わずして屈折するのである。
(筑波大学大学院教授・古田博司・ふるた ひろし) ソース:MSN/産経ニュース(4ページ) http://sankei.jp.msn.com/world/news/121017/kor12101703180000-n1.htm

≪韓国の現代史を作ったのはすべて知日派の軍人と官僚でした!≫
 お疲れ様でした。実は韓国国内で「反日」が目立ったのは、李承晩の時代と盧武鉉以後ということになると思います。盧武鉉は歴代大統領で唯一、「日韓併合時代」を経験していません。そして彼は「左翼系の弁護士」出身でした。よく知られているように、朴正熙元大統領は日本の陸軍士官学校出身ですし、韓国の政治を支配した文官も日本留学経験がある人ばかりです。金大中元大統領ですら、早稲田大学に通う学生だったんですよ。日本名は「豊田大中」こうやって見ると、韓国の「現代史」は「日本語が話せる知日派」がほとんどなんですね。しかし、盧武鉉は北朝鮮の影響もありましたから、徹底的な「反日」に路線転換します。それが今でも「韓国の国是」になっているんですね。

≪中国は「江沢民の個人的恨み」が反日教育の原点にあります≫
 中国だって似たようなものです。毛沢東は学のない人だったので、「反日」とか「親日」などはどうでもよかったみたいです。中国共産党の歴代の指導者は、基本的には「日本」には関心はあまりないですね。中国の対日政策がおかしくなったのは、1990年代に入ってからの「江沢民時代」からです。この頃から「反日教育」が強化されます。このブログを読んでいる方はご承知でしょうけど、江沢民の反日は、彼の出自にあるんです。江沢民の実父は日本軍のスパイでした。彼は戦後、共産軍の幹部であった叔父の養子になって過去を清算しましたが、「父親が日本軍のスパイ」という歴史が、彼を極度な反日分子に仕上げたのは理解できますね。残念ながら、江沢民の反日教育は今でも続いています。

≪「反日教育」は根深いが、ネット時代が「アリの一穴」になる予感も≫
 韓国の盧武鉉はがけから落ちて不審死しましたが、「反日教育」は改善されないまま残っていますし、江沢民の後継は習近平ですから、こちらも改善の見込みはありません。韓国では、「韓国の歴史教育の間違い」を指摘する学者もいますが、現在は「韓国ネチズン」に暴力で弾圧されています。中国では、親日以前に、「言論の自由」はありません。「反日教育」は体制の打倒でもない限り、一朝一夕には改善される見込みはないのです。ただ救いなのはネット時代ですから、ある程度は、「歴史の真実」は伝えられます。それはおそらく、「アリの一穴」にしか過ぎませんが、その一穴がダムをも壊す可能性を秘めていることを信じてがんばっていきましょう。

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.