政治・時事な話題を取り扱ってます。

朴槿恵大統領が「反日法・反日教育」廃止の最後のチャンスだったかも?

 

まずはポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

朴槿恵が大統領であった時に、安倍総理が、「竹島の日」に政務官の島尻議員を派遣したことに頭にきた韓国人が「日本製品の不買運動」を始めると言っていたそうです。ですが、サムスンの精密部品も、ヒュンダイの工作ロボットも「メイドインジャパン」なんですけど・・・・不買できるのでしょうか?ww

さて、正直言いますと、朴槿恵が「最後の希望の星」であって、当時彼女の後には、「反日ゴリゴリ韓国人」しか出てこないと思っていました。韓国人の若い世代は、完全な「反日教育世代」ですから、日本で商売するための「表面上のニコニコ」はできても、内心は「チョッパリ(日本人への蔑称)は殺してもかまわない」という洗脳が完了していますから、次期大統領は「100%反日大統領」しかありえないと考えてました。
こう書くと必ず、「朴槿恵も反日だ」と言ってくる方が多いのですが、韓国での「反日教育」をやめさせることができるのも、「親日罪関係法」を廃棄できるのも、韓国人しかいないんですね。もちろん、「助けない、教えない、関わらない」という対韓3ヶ条も大切なんですが、私たちは、「あらゆる対処の仕方」を準備しておくべきだと思います。

よく「親日罪」という言葉はよく聞くのですが、今回はwikipediaを参考にして少しまとめてみなした。これらの法律がまとめられたのが「ノムヒョン(盧武鉉)時代」だというのは偶然でも何でもありません。「反日法」はノムヒョンたちによって、意図的に作られたものですからね。そして、目的は大きく分けて2つあり、「日本と韓国の関係悪化を狙った」ものと、「朴槿恵の打倒を目的」としたものと言われています。ノムヒョンは、韓国の前大統領で、韓国の左派に担がれて当選した大統領です。彼については、北朝鮮との密接な関係を指摘する声があります。北朝鮮が、日韓の関係悪化を狙っているのは当然のことです。そして、朴槿恵の打倒目的は、朴槿恵女史の父親を辱めることで、当時、野党の党首であった朴槿恵女史の権威失墜を狙っていたんですね。実際、今回の選挙でも、韓国の左翼は、朴槿恵女史の父親の名前を「高木正雄」と呼んで、反日ネガティブキャンペーンをしていました。

今となってはかないませんが、私は、朴槿恵女史には父親の汚名をそそぐ義務があると思ってました。彼女は、「親日」のそぶりは見せませんが、この後の世代のことを考えると、彼女が「最後のチャンス」だと強く思っていました。では、「韓国の親日行為を罰する法律-反日法」を見てみましょう。法律は大きく分けて2つあります。

【日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法(通称・親日反民族特別法)】
「名誉を奪う法律です」
・調査対象は軍人の場合は旧日本軍中佐以上、憲兵と警察は階級で区分しない。日本統治時代に日本に協力した親日反民族行為者として、王族、閣僚、国会議員、朝鮮総督府官吏、日本軍将兵など1,000名以上が認定されている。
・李完用 – 李朝:内閣総理大臣、日本:侯爵
・尹徳栄 – 李朝:侍従院卿、日本:貴族院議員
・朴相駿 – 江原道知事、咸鏡北道知事、黄海道知事
・洪思翊- 李朝:陸軍武官学校、日本:陸軍中将、連合軍占領下:戦犯処刑
・金錫源- 李朝:陸軍武官学校生徒、日本:陸軍大佐・金鵄勲章、韓国:韓国軍陸軍少将、第1師団長、国会議員
・上記を含む1000名以上が「反民族行為者」と認定されている。
*最初の時点では「少尉以上」だったので「朴正煕元大統領」も含まれていたが、あまりの抗議の強さに除外

【親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法】
「土地や財産を奪う法律です」
この特別法の目的は盧武鉉政権が押し進める過去清算の一環であり、「日本帝国主義の殖民統治に協力し、わが民族を弾圧した反民族行為者が、その当時、蓄財した財産を国家の所有とすることで、正義を具現し、民族精気を打ち立てることを目的とする」
2009年8月9日、親日反民族行為者財産調査委員会によれば、韓国政府に帰属決定がされた親日派の子孫の土地は2009年7月現在で774万4千余平方メートル(時価1571億ウォン)が没収されている。

ただし、韓国の憲法に違反しているという指摘もあります。
大韓民国憲法第13条
すべての国民は、遡及立法により参政権の制限を受け、又は財産権を剥奪されない。
すべての国民は、自己の行為ではない親族の行為により、不利益な処遇を受けない。
残念ながら、韓国では、反日法>大韓民国憲法のようです。

ちなみに、こちらは法律ではありませんが、ノムヒョンの命令で作られた「親日派バッシングの教科書」みたいなものです。韓国では、「親日派のレッテル」は差別の対象になりますから、これはきわめて悪質なプロパガンダですね。こちらは、「反民族行為者の4倍以上の人名」が記載されています。こちらには、朴槿恵女史の父親の朴正熙元大統領も含まれます。これは、「朴槿恵つぶし」を狙ったものというのが韓国保守派の見方で、対抗処置として「親北人名辞典」なるものも作られています。w

【親日人名辞典(しんにちじんめいじてん)】
「親日派のレッテルを貼って、攻撃材料にする本です」
大韓民国の民間団体・親日人名辞典編纂委員会が「日本統治時代に親日活動を行なった人物」の名簿を編纂発表したものである。

韓国大統領であった朴正熙
韓国国歌を作曲した安益泰
韓国の国旗をデザインした朴泳孝
韓国の1万ウォン紙幤に使用されている標準肖像画を書いた金基昶
在日本大韓民国居留民団の中央団長であった権逸 民団・団長は「親日派」だそうです!ww
上記を含む4389人の名前が登載されています。

以前にも書きましたが、韓国人の中にも「韓国の歴史教育は捏造教育だ」と批判をしている大学教授もいるんです。ただ、そういう活動をしている人は、すぐに「親日派のレッテル」を貼られて、なぐられて、閑職に追い込まれているみたいですね。やはり、大学教授レベルでの個人的活動では「反日教育改革」は無理なようです。やはりこういうことは、大統領が「教育の適正化」とでも言い出さない限り、「反日教育」は延々と続いていくのでしょう。そうなると、「日本人憎し」を正当化するような韓国人がますます増えていきます。それこそ、断交でもしない限り、韓国人犯罪者の被害にあうのは、日本女性や日本のお年寄りたちなんだと思います。私は、安倍内閣の「硬軟とりまぜた」韓国政策を支持します。声高に叫ぶだけでは、何も解決はしないでしょう。

「私は88歳です。もう事実を言いたいです」

韓国の88歳の大学教授がハングルで書いた文章です。日本語訳します。

"私は88才です。 もう事実を話したいと思います。" [チェ・キホ伽耶大学客員教授] 

朝鮮末期の私は1923年の生まれです。 
もう韓国のためでも、日本のためでもなく「事実」を話したいと思います。
それは相当な覚悟が必要です。 生命の危険も覚悟しています。
しかし、これは私の使命であると信じています。

私はソウルに住んでいました。 
そして、時々、平壌や東京に行きました。 
その当時の韓国人は「日本人以上の日本人」でした。

「親切でやさしい日本人」という印象を、必死に消すために「反日」を指導者はそそのかしてきました。
韓国と日本の歴史教育を比較すると、日本が10%の歪曲といえば、
韓国は90%が歪曲です。

朝鮮末期の正常ではないで政治腐敗を教えず、日本が関与しなければ独立ができたことのように使われています。
韓日合邦によって「教育」 「医療」 「工業」 「社会インフラ」が整備されました。
近代国家の基礎が出来たことは明らかな事実です。

その実績を「日本帝国主義の侵略政策の産物だ!」と糾弾する韓国にはあきれます。
より一層「日帝が民族産業を停滞させた!」
という主張にはコメントする気持ちもなくなります。

民族産業を殺したのは、朝鮮王朝です。 
近代化を主張する先進的な思想家は反逆者とし、親族までも処刑されました。
韓国人は「日帝の虐待! 性奴隷!」と叫んでいますが、私は信じることができません。 
歴史の真実を知っているためです。

朝鮮語でキウン「地獄」でした。それは大韓帝国時代になっても同じでした。
1904年、日本は朝鮮の惨状を救うために、財政支援を決断します。
例えば1907年度、朝鮮王朝の歳入は748万円だったが、歳出は3000万円以上でした。
その差額は日本が負担していました。 
1908年にはより一層増加し、3100万円を支出しています。

現在88才の老人の絶叫です。 どう思われますか?

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.