政治・時事な話題を取り扱ってます。

【朗報】スパイスマートフォン企業、ZTEが事実上経営破綻へ

 

イランに物を売っただけでこんな事になるとは、恐るべしアメリカです。
でも、これって真正面からスパイ企業だからアメリカから出て行けと社交辞令上言えないため、別件で追い出しにかかったと見れるでしょう。そう言った点で考えれば、ファーウェイも時間の問題でしょうね。どうやらZTEは国有企業になるらしいですが、中国共産党との繋がりが太くなるので、尚更アメリカは受け入れなくなるでしょうね。元々中国人民解放軍との関係を囁かれていたファーウェイですから、孔子学院の件と併せて、近いうちにアメリカ市場から追い出される事でしょう。

↓↓↓↓まずはポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
↑↑↑↑まずはポチッとお願いします。

いやぁ、やっぱり効きますよねぇ、アメリカの禁輸はw
まぁ、スパイ企業ですからね。米下院でも、5年くらい前から問題視されていました。スマホにバックドア仕込んでいる中国共産党企業ですからね、コワイコワイ。中国系のIT製品って、ZTEに限らず、ほとんど全てそうでしょうね。

トランプさん、やりすぎちゃったかなぁとか思ってるんですかね?トドメさしたのは議会だから、無問題でしょうw
いや、もしかしたら、むしろ手ごたえを感じているかもしれませんw
軍事通信設備にバックドア仕込まれたら、アメリカ終わりですしね。厳しく対応するのは、ある意味しょうがないとしか言えません。

中国政府の金をブッ込んで救済するのはいいとして、その後のビジネスはどうするのでしょう?もはや中国国内だけではやってけない事は、今回の件ではっきりしましたしねw併せて他国も同じ危機意識を持ってるでしょうから、この動きが連鎖して、益々商売しづらくなるでしょう。・・・と、なると日本での事業規模を大きくしてって展開があり得ると思います。日本ではZTEもファーウェイのスマホはノーマークですからね。

しかし、アメリカの制裁も凄いですが、中国の超一流国策企業があっと言う間にこれですからね。主にドル建ての債券を発行できないから、国家で保証するんでしょうけど。どれだけ脆弱なんだよ、って事ですね。今回は米中貿易(経済)戦争と言われてますから、もっと激しくなるでしょう。
中国は緒戦段階ですぐこれですからね、もう勝負の行方も見えたわけで、中国は悲惨なことになりそうです。結局、アメリカが本気出したらあっけなく潰されるんですね、中国経済なんて。と言うか、昔から中国ってのは見かけとか掛け声とか数字はやたらと勇ましかったりすごかったりするのだけど、実態、実質は肩透かしなのです。

ですが、やはり一度でもインフラ関連に食い込まれると、すぐに完全排除はできないようで、アメリカ商務省はZTEの業務再開を期限付きで認めたようです。まぁ、現行動いているインフラの維持、運用管理は継続しないとユーザが迷惑を被りますからね。これもしょうがないってところでしょうか。

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.