政治・時事な話題を取り扱ってます。

保守News

【米朝首脳会談】米国が得たものはあいまいで立証不能のものだが、北朝鮮は確実で永続的なものを得た

 

↓↓↓↓まずはポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
↑↑↑↑まずはポチッとお願いします。

今回のトランプ大統領の合意文書署名は、
焦りすぎた上での結果ですね。
今後の展開次第では、極東におけるアメリカの
プレゼンスが落ちる事にもなりかねません。
それは、モスクワや北京には非常に心温まる展
開でしかないからです。

これはトランプ大統領が叩かれても仕方ないです。
アメリカは民主主義国家で、世論があり、大統領に任期もあります。
対して北朝鮮は、王朝国家で、政権交代などなく、時間はいくらでもあります。
最初からこのように条件が違うんだから、いきなり頭をぶん殴るみたいな交渉しか意味がないのです。
トランプ大統領はそれをしなかったのです。
日和ったと見られても仕方がないのです。

でも、まぁ軍事演習を減らして出費も減りますからね。
金はどこもまだ出さないと明言してます。
北朝鮮が得たのは無料の安心ですね。
一応WIN WINではあります。
北朝鮮が核廃棄しなかった時には、北朝鮮は国が破壊されるでしょうね。

しかし、これは今後早いうちにどうなるかにもよりますが、
トランプ大統領の選挙には確実にマイナスになるでしょうね。
「一年後に誤っていたと言うかも・・・」と大統領自身が
申されてますから、トランプ大統領自身何か思うところが
あったのでしょう。

制裁解除も一部緩和さえもしてないんですから、北朝鮮の
一方的な勝ちと言うわけでもありません。
むしろ過去と同じ時間稼ぎできると見誤ってるとしたら、
去年以上の危機が北朝鮮を待ってる事でしょう。

何にせよ今回のアメリカの対応は、破格の待遇です。
武力攻撃は金正恩が約束を守る限り無いですが、
逆に言えば約束を履行しなければ即攻撃が始まります。
金正恩に愛想を尽かした幹部がクーデター起こしても
攻撃の理由になります。

ひょっとしたらですよ?
北朝鮮が合意を反故にする事を前提で合意文書に署名
した可能性があります。あえて署名した事で、北朝鮮
に最後のボールを渡したのかもしれません。
反故なら即空爆、履行なら核廃棄でアメリカ安泰ですからね。

ちなみに、安倍総理は外交で功名を成そうとする癖があるから、
心配でなりません。ですが、中国が北朝鮮を取り込もうと動い
ています。中国は、かなりトランプ外交に焦っているのでしょう。
なので、程ほどな具合で、経済支援と言う人参をぶら下げて
北朝鮮には、こっち側に来て貰う必要があるでしょう。

金が無ければ、金正恩独裁体制の保証を行うことは不可能になります。
リビアの独裁者カダフィは、核放棄した後、民衆暴動によって惨殺されました。
最初から言われ続けて来たように、核放棄を行う北朝鮮もリビアと全く同じことで、
もしも経済復興が無ければ、民衆によって金正恩は殺される運命です。
日本からの要求に応じないのであるならば、北朝鮮への経済支援は完全廃止させ
なければならないのです。
日本には拉致問題だけでなく、北朝鮮から日本へ向けられている中距離・短距離
ミサイルを完全廃棄させる必要があります。 
拉致問題も、現在の拉致被害者だけのことでなく、日本国内の在日朝鮮人・在日韓国人
・朝鮮総連・韓国民団・朝鮮学校・韓国学校の全てについて、完璧に永久国外追放しな
ければ、いつ拉致されることになるかわからず、日本国民は常に恐怖におののく事になります。
韓国は、日本の事情は全く考慮に入れず、北朝鮮を全力で経済支援していくことになるでしょう。
日本には、韓国を徹底的に経済制裁する絶対的な必要も生じています。

中国が入って、あそこが中国になってきたら、もう民族同士がまた殺し合いになるんでしょうね・・・
あのマッカーサー元帥も相当な苦労をしたと言いますからね・・・
何を考えているんだ!とは思います。
兎にも角にも非核化しかない訳ですから・・・

逆説的に考えると米朝首脳合意がアメリカ世論でかなり反発がありますから、
アメリカとしてもCVIDは絶対に引けないラインになりました。
今後の会談でボルトン補佐官が詰めれなかったら合意は打ち切りになるでしょうね。
ただし、その場合損したのはトランプだけになるというトランプ政権維持の中間選挙に必ず悪影響が出て来る事でしょう。

関連記事 - Related Posts -

- コメントはお気軽にどうぞ -

Copyright© 保守News , 2018 All Rights Reserved.